図鑑 ヒゲダイ

掲載日:2017年8月1日

ヒゲダイ Hapalogenys sennin Iwatsuki and Nakabo

スズキ目イサキ科

ヒゲダイ(標本) 
分布 南日本の温帯域及び朝鮮半島南部
形態 体高は高く、下顎の先にヒゲが密生するのが特徴。成魚では、吻は尖り、45cm以上になります。
生態 沿岸の岩礁近くの砂泥底などに生息しています。
今回、採集した地点は、相模川の河口で、水槽の中では、水中に静止した状態で、浮遊物などに擬態しているのが観察されました。
備考 幼魚が採集されるのは、稀であり、相模川河口域での採集記録は、今回が初めてである。
文献などでは、幼魚が河口域に入るという記述はなく、おそらく黒潮に乗って来遊した幼魚が相模川河口域に迷入したものではないかと考えられます。
ヒゲダイ 水槽内でのヒゲダイ幼魚
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019