図鑑 ヒイラギ

掲載日:2017年8月1日

ヒイラギ Nuchequula nuchalis

スズキ目ヒイラギ科
ヒイラギ

分布 本州中部以南
形態 体は卵形で側偏(平たい)します。体色は青みがかった銀白色で口は下方に伸び、底のエサが食べ易くなっています。目の後ろ上に黒褐色の斑点がある
生態 内湾の砂泥域や河口に生息します。
その他 肉が少なく小骨が多いためあまり利用されません。小魚は乾燥させ酒のつまみ等に利用されます。

ヒイラギ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019