図鑑 ハリヨ

掲載日:2017年8月1日

ハリヨ Gasterosteus microcephalus

レッドリスト 県カテゴリ: 国カテゴリ:絶滅危惧1A 類
トゲウオ目トゲウオ科
ハリヨ
分布 滋賀県及び岐阜県の平地の湧水地
形態 背びれの棘が大きく離れているのが特徴です。
また、体側にはトゲウオ特有の鱗板が胸びれ付近に5枚から7枚あります。全長8cmほどと小さいです
生態 湧き水のある池や河川の支流などの流れの緩やかな水草の生い茂ったところに生息します。
3から5月頃が産卵期で、頭部下面から腹にかけて、赤い婚姻色が顕著になり、水草などを使い巣を作ります。
備考 2001年1月に相模川磯部堰下流の水たまりで20尾ほど発見されました。在来種ではないことから、人為的に放流されたと思われます。
地方名:ハリウオ、針魚
ハリヨ
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019