図鑑 ハチ

掲載日:2017年8月1日

ハチ Apistus carinatus

カサゴ目フサカサゴ科
ハチ

分布 本州中部以南、太平洋
形態 胸びれは青く、ホウボウのように長い。目の下に3本の棘があります
背ビレの後半部分に白い縁取りのある黒班がある。成魚でも15cmと小さい
生態 比較的浅い沿岸、主に砂泥底。刺網で漁獲されます
その他 背鰭の棘に毒があり、刺されると“蜂”の様に痛いことから名付けられたと言われています。
2002年3月、相模川河口で採集されました
ハチ
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019