図鑑 ハス

掲載日:2017年8月1日

ハス Opsariichthys uncirostris uncirostris

レッドリスト 国カテゴリ:絶滅危惧2類 (VU)

コイ目コイ科
ハス

分布 もともとは、琵琶湖と三方湖だけで生息していた魚ですが、琵琶湖産の稚アユを河川に放流する際に混入した魚です。
津久井湖や相模湖では再生産しており、多数見られます。
形態 体は細長く側偏しています。大きな魚は、生きているときは銀白色でウロコが大きくすぐにわかりますが、小さいものはオイカワによく似ています。全長30cmになります。
側線が、大きく下に湾曲しているもの特徴です。
生態 繁殖期は5月末から7月で、砂れき底に卵を産みます。
コイ科魚類では珍しく魚食性の魚で、口が「へ」の字をしており、とらえた魚が逃げにくくなっています。
備考 平成10年の秋の大雨後、津久井湖などから流れ出たハスが、下流の相模川で多数釣獲されていました。
関西では、大きなハスをケタバスと呼ぶことがあります。
ハスの口 ヘの字に曲がっている
ハスの口 くち
ハス 津久井湖で採捕されたハス 全長29cm
口が左右対称でなく、”ヘ”の文字のようになっていて、
大きな歯がなくても、くわえた魚を逃がさないようになっています。
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019