図鑑 ハクレン

掲載日:2017年8月1日

ハクレン  Hypophthalmichthys molitrux

コイ目コイ科

ハクレン (茨城県霞ヶ浦)

分布 1943年、中国から食料増産の目的で中国から移植され、霞ヶ浦、北浦、利根川で定着しています。
形態 体高は高く、側偏しています。目は小さくやや下側にあるのが特徴です。
生態 主に浮遊植物を食べるため、アオコ除去のために各地に放流された経緯もあります。
備考 成魚は10kgにもなるが、小骨が多く美味ではないため、主に脳下垂体が医薬品の材料として利用される他、練り製品や家畜のエサなどに利用されています。
レンギョとも呼ばれています。
ハクレン頭 ハクレン漁獲
ハクレンの目はこのように下付です。
幼魚 幼魚 ハクレンは産卵期になると群泳しています。
霞ヶ浦では刺網により漁獲しています。
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019