図鑑 ナイルテラピア

掲載日:2017年8月1日

ナイルテラピア Oreochromis niloticus

スズキ目カワスズメ科
テラピア

分布 1962年アラブ連邦から養殖用として日本に持ち込まれました。原産地はアフリカ大陸及びナイル川流域です
形態 体はマダイの様に側扁し、横帯が明瞭です
雌は400個から2000個の卵を生みます。卵やふ化したばかりの仔魚を口の中でしばらくの間保護します(マウスブリーダー)。
生態 水温が高めの流れのゆるい河川や池等に生息しています
主に植物プランクトンを食べますが、雑食性で何でも食べます。
その他 イズミダイ、チカダイという名で、温泉場や湧水のあるところで飼育されています。
水温が10度以上あれば生息できるようです。相模川の中下流域でたまに見られます。

ナイルテラピア等の画像です

テラピア成魚 産卵巣
モザンビークテラピアの雄は円錐状の産卵礁を作り、卵と稚魚を保護します。  石垣島
テラピア・ジリー テラビア・ジリー 熊本県 江津湖で増えています
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019