図鑑 トビハゼ

掲載日:2017年8月1日

トビハゼ Periophthalmus modestus  Dusky mud hopper

レッドリスト 県カテゴリ:絶滅危惧1B類(1A類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種) 国カテゴリー:準絶滅危惧種(NT)
スズキ目ハゼ科
とびはぜ (東京都江戸川)
分布 東京以西の太平洋岸各地
形態 全長約10cm、目が前方に突出しています。胸びれは肉質で、泥面をはい回ったり、飛び跳ねたりします。
生態 主に内湾や河口の干潟に生息しますが、干潟の減少に伴い数を減らしています。
干潮時には発達した胸びれで泥面をはい回り、微細藻類やゴカイなど食べます。
潮が満ちてくると岸辺の石や木などにはい上がっています。主に空気呼吸を行い、皮膚から酸素を補給します。
備考 鶴見川や多摩川河口でわずかに採集されています。
地方名 マッドスキッパー(英語)
トビハゼ
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019