図鑑 トウヨシノボリ

掲載日:2017年8月1日

トウヨシノボリ  Rhinogobius kurodai

スズキ目ハゼ科
トウヨシノボリ
分布 北海道から九州 河川下流域や止水域
相模川では最も多い種類で、上流域から下流域にかけての広い範囲で分布しています。特に、下流の寒川堰の下流には多数見られます。
中津川では、昭和堰より上流では確認されていません。
形態 ほほの朱色の斑紋が目立つ特徴です。体側に6個から7個の横班がつながって並びます。
産卵期には腹部が青くなる。斑紋は地域差、個体差が大きい
生態 湖沼や池で陸封されることが多い。流れの緩いところに多いです。
水生昆虫やユスリカの幼虫などを食べます。

ヨシノボリ類へ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019