図鑑 ゼニタナゴ

掲載日:2017年8月1日

ゼニタナゴ Acheilognathus typus  

レッドリスト 県カテゴリ:野生絶滅(飼育・栽培下でのみ存続している種) 国カテゴリ:絶滅危惧1A類
コイ目コイ科
ゼニタナゴの雄
分布 神奈川県・新潟県以北の本州に分布していますが、全国的に減少しています。
形態 体長10cm程度。ウロコは細かく縁が黒いため、体色は暗い銀色に見える。
ヒレは比較的長い。ヒゲは無い。側線は不完全
生態 平野部の湖沼や池・小川に生息し、雑食性で全長 9cm前後に成長します。秋にドブガイやカラスガイ等の二枚貝の鰓の中に卵を産みつけ、ふ化した稚魚はその中で冬を越します。春になると貝から泳ぎだして遊泳生活を送ります。
備考 神奈川県下では花水川以北に生息していましたが、現在は唯一、鶴見川水系のため池に生息するだけになってしまいました。
しかも、その生息地では外来種であるタイリクバラタナゴに駆逐され風前の灯火です。
ゼニタナゴの産卵管 イシガイに守られているゼニタナゴのふ化仔魚
ゼニタナゴの雌 産卵管が伸びています イシガイに守られているゼニタナゴのふ化仔魚
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019