図鑑 スミウキゴリ

掲載日:2017年8月1日

スミウキゴリ Gymnogobius petschiliensis  

レッドリスト 県カテゴリ:準絶滅危惧(現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種)

スズキ目ハゼ科

スミウキゴリ

分布 北海道から九州、朝鮮半島まで広く分布します
本種は、鶴見川、神戸川、相模川、金目川、酒匂川、早川、千歳川などから採集されています。しかし、生息個体数が多い河川は、早川、新崎川、白糸川、新崎川など県西部に偏っており、しかも、最近の生息水域は狭められつつあり、広範囲な生息域がある河川は限定されています。
形態 体型は細長く、少しぬるぬるしています。大型魚の頭部はやや平たく、大きな口が特徴です。
ウキゴリとは第一背びれに後方にある明瞭な黒斑点がないこと、体側の横斑が不明瞭なことなどから区別されます。
生態 川の中流から河口にかけて生息します。ウキゴリよりも下流に分布し、汽水域にも見られます。
相模川では、寒川堰下流で初夏遡上する稚魚が多く見られます。また、津久井湖や芦ノ湖などでは陸封されたスミウキゴリがいます。。
備考 ウキゴリの汽水型と呼ばれていました。
スミウキゴリ ふ化仔魚 ウキゴリのふ化仔魚
ウキゴリ参照   
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019