図鑑 シラウオ

掲載日:2017年8月1日

シラウオ Salangichthys microdon

キュウリウオ目シラウオ科

シラウオ 茨城県霞ヶ浦

分布 北海度から熊本、岡山県までの河口域と汽水湖に生息します。
形態 体は透明で細長く、尾ビレ付近が太くなる。死ぬと白くなります。
生態 主に河口付近から沿岸域に生息しますが、春になると産卵のために河口付近に集まります
備考 生食の他、卵とじ、お吸い物、酢の物等で利用される美味しい魚。
刺網、定置網、船びき網、四つ手網等対象漁業が盛んです。
霞ヶ浦のブラックバスの移植放流に混じったと思われますが、河口湖でも見つかっています。 
近縁種のイシカワシラウオは、酒匂川と森戸川で採集記録があります。
刺網で漁獲されたシラウオ

霞ヶ浦では刺網で漁獲されています
刺網
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019