図鑑 シロヒレタビラ

掲載日:2017年8月1日

シロヒレタビラ Acheilognathus tabira rabira  

レッドリスト 県カテゴリ: 国カテゴリ:絶滅危惧1B類(EN)
コイ目コイ科
シロヒレタビラ(茨城県霞ヶ浦)

分布 濃尾平野、琵琶湖淀川水系、岡山県以東
形態 肩部の暗青斑と体側の暗色縦条が特徴です。産卵期には雄の尻ビレの先が白くなります。
ヒゲは2本で短い、側線は完全
生態 川の本流よりも灌漑用水路や池などで見られます。
主に付着藻類を食べます。
産卵期は4月から9月でドブガイ等の淡水性9枚貝に卵を生みます。
備考 神奈川県では2例ほど報告があるだけで す。 地方名 ボテ(琵琶湖)
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019