図鑑 シロウオ

掲載日:2017年8月1日

シロウオ  Pandaka lidwilli

レッドリスト 国カテゴリ:絶滅危惧2類 (VU)

スズキ目ハゼ科

シロウオ (千葉県大風沢川)

分布 北海道南部から鹿児島県までの日本各地
形態 体は細長く、生きているときは透明、死ぬと白くなります。洋ナシ型の浮き袋がよく見えます。鱗と側線はありません。
生態 海岸線の流れの弱い中層に群れをなして泳いでいます。
春になると川を群れで上ってきます。川に入ってしばらくは河口の流れの緩やかなところで、ぼやーとしているのがよく観察されます。
しばらくすると、川を上り始め、石の下に産卵室を作り産卵します。雄は卵を保護します。
備考 卵とじや天ぷら、吸い物の他に、生きたまま食べる躍り食いが有名です。
四つ手網や地曳網、やな等で漁獲されます。

シロウオ  シロウオ 
生きているときは、体が半透明です (静岡県興津川 写真提供:相川健志)
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019