図鑑 シマヨシノボリ

掲載日:2017年8月1日

シマヨシノボリ  Rhinogobius sp.CB

スズキ目ハゼ科
シマヨシノボリ
分布 青森県から南西諸島、河川中流域。
相模川では中流の磯部堰から下流で確認されています。中津川では上流から下流まで広い範囲で分布しています。
形態 ほほには赤色のミミズ状の斑紋が明瞭に見られます。尾びれの基部にはカモメ状の黒班、体側に6個の横班があります
生態 早瀬に多く、水生昆虫や藻類を食べています。
備考 以前は横斑型と呼ばれていました。生きているときは、腹が青く、アオバラと呼ぶところが多い


シマヨシノボリの画像です

シマヨシノボリの顔
おす
(西表島)
めす
(西表島)
沖縄産
(沖縄本島)
千葉県
(千葉県大風沢川)
稚魚 稚魚
(千葉県大風沢川)

ヨシノボリ類へ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019