図鑑 シマドジョウ

掲載日:2017年8月1日

シマドジョウ Cobitis biwae  

レッドリスト 県カテゴリ:準絶滅危惧(現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種)
コイ目ドジョウ科

シマドジョウ

分布 本州、四国
県内の主要河川に分布していましたが、最近は減少傾向にあります。
形態 体側の模様は、地域的な変異が大きくいろいろな模様があります。
体は細長く、3対6本のヒゲがあります。
生態 河川中流域から下流域上部にかけての、砂底ないし砂礫底域に生息します。底生動物やデトリタスを砂と一緒に取り込み、餌だけ食しています。繁殖期は春で、雄が雌に巻きついて産卵します。
水質の良好な支流域のほか、大河川本流の中流域が現在の主要な生息場所です。しかし、分布域は確実に縮小しており、境川や鶴見川などの東部河川の支流域では絶滅が危惧される水域もあります。
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019