図鑑 サワガニ

掲載日:2017年8月1日

サワガニ Geotbelpbusa debaani

サワガニ科

さわがに

分布 青森県以南
形態 甲羅の幅は、2から3cm、地域によって体色が異なり、甲羅が赤色、褐色、青白色等のものがいます。
生態 河川の上流域に生息する。平地でも、湧き水のあるところにはたまに見られます。流れの穏やかな砂レキや小石の多い場所に多く、石や枯れ葉の下などにいます。
繁殖期は夏で、雌はふ化した稚ガニを1ヶ月近く抱えている。冬は、岩の隙間や大きな石の下などで越冬します。
備考 唐揚げにしたり甘露煮にして利用される。
寄生虫がいるので、生食はしてはいけない。また、調理器具等細心の注意が必要。
サワガニ 赤いサワガニ
サワガニは、しむ場所により、色が異なることがあります
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019