図鑑 ゴクラクハゼ

掲載日:2017年8月1日

ゴクラクハゼ Rhinogobius giurinus  

レッドリスト 県カテゴリ:準絶滅危惧(現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種)

スズキ目ハゼ科

ゴクラクハゼ

分布 茨城、秋田県以南、朝鮮半島、中国
森戸川、境川、相模川、金目川、酒匂川、早川など、県内の主要河川の下流域に生息しています。
形態 ヨシノボリ属のなかでは、本種のみが目の後ろまで鱗があります。全長8cm。
体側に5から6個の黒い斑紋とほほにミミズ状の斑紋があるのが特徴です
生態 ヨシノボリに非常に似ているが、生息域が異なり、下流域(感潮域でも塩分が少な目の所)の流れの弱い砂泥底を好みます。
相模川では寒川堰より下流、海の近くで見られます。
産卵期は7月から10月で、砂地に点在する石の下に卵を産み、雄が卵を守ります(空き缶の中にも卵を産む)。
ふ化した仔魚は海に下り、秋に2から3cmに成長して河口に遡上します。
ゴクラクハゼ ゴクラクハゼ
静岡県興津川 写真提供:相川健志
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019