図鑑 クロウシノシタ

掲載日:2017年8月1日

クロウシノシタ Paraplagusia japonica

カレイ目ウシノシタ科

クロウシノシタ いろいろな模様をするクロウシノシタ
いろいろな模様をしています

分布 北海道小樽以南、黄海、東シナ海、南シナ海に分布。沿岸の浅海や内湾の砂泥底に生息すします。
形態 長楕円形の体で、体色は有眼側が黄褐色や青褐色などで、無眼側は、白色。胸鰭はありません。
有眼側の口唇にひげ状物があります。体部の側線は、有眼側に3本あるが、無眼側には無い。
生態 体長20cm位で成熟し、5月から9月に沿岸の浅海で産卵します。小型の甲殻類、二枚貝類、多毛類などを捕食すします。
相模川河口で採捕されました。
備考 黒牛舌、ウシノシタ(東京、松山、高知、下関ほか)、クツゾコ、クロシタ(有明海沿岸、下関ほか)、ゲタ(佐賀、香川、愛媛、岡山ほか)など多数ある。
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019