図鑑 ギバチ

掲載日:2017年8月1日

ギバチ Pseudobagrus tokiensis  

レッドリスト 県カテゴリ:絶滅危惧1A類(ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種) 国カテゴリ:絶滅危惧2類
ナマズ目ギギ科
オス
メス
分布 本州東部、太平洋側では青森県馬渕川水系から神奈川県中村川水系、日本海側では秋田県米代川水系から福井県九頭竜水系に分布します。
神奈川県では相模川水系と鶴見川水系のごく限られた相模川水系と鶴見川水系のごく限られた範囲にしか生息していません。採集個体数も少ないので、まさに風前の灯火です。
 本県はギバチの自然分布域の南限および西限に位置するので、その生息地は貴重です。
形態 体は細長く、うろこはありません。上あごと下あごにそれぞれ2対のヒゲがあります。
胸びれの棘には、ノコギリのようなトゲがあります。背びれと胸びれにはトゲがあるので取扱いには注意が必要です。
尾びれの切れ込みが少なく、近縁種のネコギギやギギと見分けられます。体は、黒ないし暗褐色で、不規則な斑紋があります。
大きいもので25cmほどです。雌より雄の方が大型の個体が多いようです。
生態 水のきれいな川の上から中流域に生息し、全長25cm前後に成長します。雄は雌に比べるとやや細身です。
産卵期は6月から8月で、石の下や水生植物等に卵を産み付けます。
夜行性で、ユスリカの幼虫や水生昆虫などを食べます。昼間は石の陰などにじっとしています。
備考 神奈川県下のギバチはまさに絶滅寸前です。昔は中村川、相模川、鶴見川等から記録がありますが、最近の確実な生息地は極めて限られた水域だけです。
胸びれのトゲと付け根の骨をすりあわせて、”ギ-ギ-”という音を出します。”ギーギー”鳴く”蜂”(トゲに刺されるといたい)から”ギバチ”と言う名が付いた?
試験場の調査では、相模川水系の支流と、鶴見川水系の支流のわずか2箇所から採集されただけです。
相模川水系からの記録は実に15年も前にさかのぼり、貴重な発見です。しかし、採集水域は狭い範囲で、個体数も少ないものでした。この支流は、近年、雑排水によって水質が悪化すると同時に、河川改修でコンクリート護岸箇所が増えてきました。さらに、コイが定期的に放流され、在来種を脅かしています。その中で、ギバチが生息していた水域は、周辺から豊富な湧水が流入し、水質が良好に保たれ、河川改修の規模も小さい貴重な水域です。
このように全国分布の南限に位置する貴重な神奈川県産ギバチは、非常に危うい状況でです。幸い、試験場では、全国で初めて本種の人工増殖技術の開発に成功し、種苗生産が可能になりました。今後は水系毎にギバチを増殖させ、生息地の復元を図る計画です。
ギバチは、水質汚濁や河川改修に非常に弱い魚です。湧き水を絶やさず、石や水草等隠れ家となる淵等を残すことが必要です。
幼魚 幼魚の頃は、昼間、群れていることが多い。 ギバチのヒゲヒゲは8本
幼魚 幼魚 稚魚稚魚

ふ化観察記録

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019