図鑑 カラドジョウ

掲載日:2017年8月1日

カラドジョウ Paramisgurnus dabryanus

コイ目ドジョウ科

カラドジョウ

分布 中国、朝鮮半島
形態 日本のドジョウにドジョウに比べ、ひげが長く(5対)、尾柄部の体高が高い。
生態 水田や農業用水など、泥底の流れの緩やかなところに生息します。
雑食性
備考 韓国名:大鱗泥鰍(ドジョウは:泥鰍)
近年、中国や韓国から、餌や観賞用に生きたままのドジョウが輸入されています。一部では天然水域にも放流されています。
しかし、外国のドジョウからは、日本で見られない寄生虫(顎こう虫等)が寄生しているケ-スが多く、また在来種であるドジョウと競合したり、雑種ができてしまったりするため、取り扱いには注意が必要です

カラドジョウ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019