図鑑 オヤニラミ

掲載日:2017年8月1日

オヤニラミ  Coreoperca kawamebari

レッドリスト 国カテゴリー:絶滅危惧2類 (VU)

スズキ目ケツギョ科

オヤニラミ多摩川で臼田氏撮影
分布 淀川・由良川以西の本州各地、四国北部、九州北部に分布します。
水のきれいな、流れの穏やかで水草が生えているところにでみられます。
形態 口は大きく、鰓ぶたの後方に濃紺の斑紋があるのが特徴です。
生態 水生昆虫や落下昆虫の他、小魚などを食べます。春から夏にかけて、コウホネ、ヨシなど抽水植物の茎や根に卵を産み付け雄が守ります。
なわばりを持つ性格が強く、水槽等で飼育すると魚同士でけんかをします。相模川水系の細流で見つかりました。
備考 カワメバル(別称)、ヨツメ(関西、中国、九州)、ミコドン、ミコシンダイ、ケントバイ(関西)、ミコノマイ、ネコノマイ(中国)

オヤニラミ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019