図鑑 オオヨシノボリ

掲載日:2017年8月1日

オオヨシノボリ  Rhinogobius fluviatilis (Tanaka, 1925)

レッドリスト 県カテゴリ:準絶滅危惧(現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種)
スズキ目ハゼ科
オオヨシノボリ
分布 青森県から九州にかけての河川中上流域相模川では中流の磯部堰上から座架衣橋下で確認されました。
境川、鶴見川、相模川、酒匂川、早川など、県内の主要河川の上中流域に生息していますが、生息水域は多くはありません。ある程度の個体数が生息している水域は、相模川支流の中津川や金目川上流域など限定されています。
形態 胸鰭(ヒレ)の基部に大きな半円形の黒色斑がありまする。ヨシノボリ属の中では一番大きくなり、全長11cm以上にもなります。
生態 河川の上中流域の流れの早い水域に生息します。雑食性で小動物や付着藻類を食べます。産卵期は夏から秋、卵は石の裏側に産み付けられ、雄が守ります。ふ化仔魚は海へ降り、ある程度成長した稚魚期になると河川へ溯上します。
オオヨシノボリ オオヨシノボリの吸盤
吸盤

ヨシノボリ類へ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019