オオクチユゴイ

掲載日:2017年8月1日

オオクチユゴイ  Kuhlia rupestris

スズキ目ユゴイ科
オオクチユゴイ
分布 琉球列島から熱帯域
形態 体側の全体に黒班がある。尾びれが黒い(幼魚は黒色班)。全長28cm
生態 河川の河口域から沿岸で生活します。稚仔魚は沿岸域で生活し、昆虫や水生昆虫を食べます。
備考 1999年7月と10月に相模川河口で、体長20-21mmの魚が3尾採捕されました。
2000年10月25日にも横浜市金沢区侍従川で曳き網により1個体(SL:23.74mm)が採集されています(工藤,2002)。
これまでの標本に基づく北限記録は、高知県須崎市浦ノ内の灰方川によるものでした(高橋・瀬能,1995)。
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019