オイカワ

掲載日:2017年8月1日

オイカワ Zacco platypus

コイ目コイ科
オイカワ

分布 関東以西の河川や湖沼に広く分布しています。
形態 成魚はシリビレが大きく、産卵期の雄は、鮮やかな婚姻色が現れます。全長は15cmほどになります。
生態 水生昆虫や陸上昆虫が川に落ちたもの、石に着いたけい藻やらん藻などを食べます。
備考 近年は琵琶湖産のアユの放流に伴い、各地に移植され増えています。
神奈川県下でも、各河川の中・下流域に分布する身近な魚のひとつで、「ヤマベ」、「ビワコ」と呼ばれています。
 河川改修の影響を受けず、かえって稚魚の成育場ができることにより数を増やしていますが、酸欠に弱いため、水質の悪化には弱いようです。

オイカワの画像

オイカワの雌
追い星オイカワの雄は、繁殖期になると体色に青みが増し、ひれが長く伸びるようになります。
白い追い星が顎のあたりにできます。
oikawa_p1
婚姻色の出た雄
オイカワの稚魚オイカワの稚魚
稚魚 稚魚は、浅く流れの緩い川岸などに群れています
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019