エゾホトケドジョウ

掲載日:2017年8月1日

エゾホトケドジョウ Lefua nikkonis   

レッドリスト 国カテゴリ:絶滅危惧IB類

コイ目ドジョウ科

エゾホトケ
分布 自然分布は北海道と考えられていますが、東北地方にも生息しています。                      
形態 全体の形状はホトケドジョウとよく似ており、体色は黄褐色または青褐色で個体差があります。
雄には体側の中央に一本の黒縦線が入るが、雌では不明瞭なことが多い。しかし、尾びれの基部に明瞭な黒点が入るので、ホトケドジョウと識別できます。
ヒゲは8本です。
生態 湧水のある流れの緩やかな湿地や細流に生息します。
ホトケドジョウと同様に中層付近を単独で遊泳することが多い。雑食性ですが、主に浮遊性や底生性の小動物を食べています。
産卵期は5月下旬から7月、水草などに産卵します。
尾びれに注目してください 尾びれに注目

上:エゾホトケドジョウ
下:ホトケドジョウ
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019