ウロハゼ

掲載日:2017年8月1日

ウロハゼ Glossogobius olivaceus  

レッドリスト 県カテゴリ:注目種(生息環境が特殊なもののうち、県内における衰退はめだたないが、環境悪化が生じた際には絶滅が危惧される種)

スズキ目ハゼ科

ウロハゼ

分布 茨城県、新潟県以西の本州、四国、九州
形態 全体的に黒っぽく、体は丸みを帯びています。全長20cmを越える個体も多く見られます。
生態 河川汽水域に生息し、砂底や砂泥底の転石下などに潜みます。夜行性で、魚類や甲殻類を捕食しています。
備考 茨城県涸沼ではマハゼの超大型が釣れることで有名ですが、20cmをこえる大型個体はこのウロハゼであることが多いです
河川汽水域に生息し、砂底や砂泥底の転石下などに潜みます。夜行性で、魚類や甲殻類を捕食しています。
県下では相模川から初めて記録され、その後、多摩川では1995年頃から確認され、さらに鶴見川では近年増加傾向にあります。本種は紀伊半島以南では個体数が多く、護岸による環境改変の進んだ河川河口でも砂泥底に転石が豊富な環境であればふつうに見られる魚です。過去の記録がないことを考慮すると、本種は近年増加傾向にあり、暖冬傾向と関係がある可能性があるため、県RDBでは「注目種」としています。
地方名 クロハゼ、ドヨウハゼ、カワハゼ(岡山県)
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019