ウグイ

掲載日:2017年8月1日

ウグイleuciscus hakonensis

レッドリスト 県カテゴリ:準絶滅危惧種(現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種) 国カテゴリ:なし

コイ目コイ科

ウグイ

分布 日本全国に分布しています。
形態 成魚は、産卵期になると鮮やかな3本の縦縞の婚姻色が現れます。全長は50cmほどになります。
生態 雑食性で、河川の上流から下流まで広く分布し、湖にもいます。
体色は背中は黒く、腹側は銀白色、春になると3本の赤い縦条の婚姻色が出ます。
備考 神奈川県下でも、各河川に分布していて、身近な魚のひとつです。「ハヤ」とも呼ばれます。
ウグイの学名は leuciscus hakonensis(ハコネンシス)と記載されるとおり、芦ノ湖産の標本を基にウグイの学名が付けられました。芦ノ湖では5月頃産卵に集まる婚姻色のでたウグイを「アカッパラ」と呼びます。
茨城県や群馬県では、川にヤナを作り、産卵に集まったウグイをとるアイソ漁が行われています。

ウグイの画像

ウグイの婚姻色 ウグイ
ウグイの産卵 ウグイ産卵
丹沢湖におけるウグイの産卵 2011年5月 NPO法人 神奈川ウオーター・ネットワーク 山崎氏提供
ウグイの稚魚 ウグイの稚魚
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019