ウキゴリ

掲載日:2017年8月1日

ウキゴリ Gymnogobius urotaenia

スズキ目ハゼ科

ウキゴリ

分布 北海道、本州、四国に分布しています。
形態 成魚は全長10cmを超える大型のハゼ。頭部はやや平たく口が大きい。
体色は黄褐色で、黒褐色の斑点がある。
第一背びれの後半と尾びれの付け根付近に黒い斑点があり、ぬめりがあります。
生態 川の中下流域の流れのゆるいところに生息しています。
動物食で水生昆虫や甲殻類など食べます。
「浮くゴリ」と呼ばれるように、他のハゼ類が水底に着くようにして生活しているのに対し、水底より数センチ浮かんでいることが多くみられます。
 産卵期は3-6月で、石の下に産み付けられた卵を雄が守ります。ふ化した仔魚はすぐに海に下り、3cmほどになると群で川に戻ります。芦之湖や津久井湖、相模湖などでは陸封されています。
備考 ゴロ、ウキゴロ(霞ヶ浦)

ウキゴリの画像

親 成魚 幼魚 幼魚
仔魚 ふ化仔魚

ウキゴリとスミウキゴリを見分けるポイントは、尾鰭の模様と第一背びれの付け根の黒班模様の違いです

ウキゴリの背びれ スミウキゴリの背びれ
ウキゴリの尾びれ スミウキゴリの尾びれ
ウキゴリ
スミウキゴリ
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019