イバラトミヨ

掲載日:2017年8月1日

トミヨ属雄物型 Pungitius sp. 2

レッドリスト 県カテゴリ: 国カテゴリ:絶滅危惧1A 類

トゲウオ目トゲウオ科トミヨ属

イバラトミヨの雌 イバラトミヨの雄
分布 秋田県雄物川水系と山形県最上川水系
形態 背に8-10本ののこぎり歯状の棘(きょく)があります。胸部と尾柄部の近くに鱗板という大きな鱗が一列に(6から30枚)並んでいます。
生態 湧水の豊富な川の中下流域や湖沼の岸辺に生息します。水温変化の少ない湧水池で見られます。

イバラトミヨ雄物型
イバラトミヨオモノ型
環境省レッドリストにおいて絶滅危惧1Aに指定されており、学術的にきわめて貴重であるとともに、絶滅のおそれが最も危惧されている魚種です。
本種は遺存的分布をしており、その生息地は秋田県の雄物川水系を中心に湧水を起源とする池沼とそれに連なる水路に限定されています。
餌料は小型の水生昆虫であるとともに、水草を利用して営巣するなど特殊な生態を持ち、物理・生物的な環境要求も厳しく、種の再生産自体が湧水生態系に大きく依存している魚種です。
また、遊泳力が弱いことから、流れの緩やかな場所やある程度の深みがある溜まりも必要であり、特に、個体群の維持のためには、湧水と水路のネットワークが重要と思われます。
秋田県ではハリザッコと呼ばれ親しまれています。
秋田県版レッドリストで絶滅危惧種IAに指定
写真と文:秋田県水産振興センター
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019