イトモロコ

掲載日:2017年8月1日

イトモロコ Squalidus gracilis gracilis

コイ目コイ科
イトモロコ
分布 岐阜県以西
形態 全長5cm、やや寸胴で、目が大きい、吻はややとがり気味。体側の黒帯と長いひげ、鱗の金属光沢が特徴です。
生態 中・下流の流れの緩く、砂の混じったきれいなところに多い
備考 中津川、道志川、相模川で少数みられます。琵琶湖から移植されているコアユに混じって放流され定着しています。
イトモロコ
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019