アメリカザリガニ

掲載日:2017年8月1日

アメリカザリガニ Procambarus clakii

エビ目ザリガニ科
アメリカザリガニ


分布 昭和5年、神奈川県境川支流の柏尾川流域に北米ルイジアナ州ミシシッピ-川から食用ガエル(ウシガエル)のエサとして輸入されました。
このうち、数十匹が逃げ出して、北海道を除く国内全域に広がったと言われています。
形態 体長は8cmから12cm。大きなものは20cm近くになる。赤褐色の色をしており、大きなはさみが特徴。雄の方が大きくなります。
生態 県内河川、池、水田など、流れの少ない泥底のところに広く分布しています。
石などの障害物の陰や岸辺にいますが、水田の畦に穴を開けて水を抜いたり、植えたばかりの稲をはさみで切ることがあり、農家の人に嫌われています。
巨大なはさみで、魚や水生昆虫、植物など何でも食べます。
雌は卵を抱いてふ化するまで保護します。 
備考 寄生虫(肺吸虫)の中間宿主となる場合が多く、生食は危険です。
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019