アメリカナマズ

掲載日:2017年8月1日

チャンネルキャットフィッシュ(アメリカナマズ) Ictalurus punctatus

ナマズ目イクタルルス科

チャンネルキャットフィッシュ

分布 北アメリカ原産で、アメリカでは養殖が盛んに行われています。
形態 ナマズのように頭が平らではなく細長く、脂鰭があります。
幼魚では、体に黒い斑点があります。成長すると1m、5kg以上になります。背びれと胸びれにあるトゲは堅くて大きい、ひげは8本
生態 食性は雑食で、小魚、エビ等
備考 英名 Channel catfish
日本へは1971年頃養殖魚として導入されました。霞ヶ浦などで養殖され、日本ナマズの代用品として利用されています。
ペットとしても人気がありますが、飼いきれなくなった魚が川に放流されるためか、相模川でもまれにみられます。
チャンネルキャットフィッシュの肉 皮をはぐとこのとおり、綺麗な白身の肉です
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019