アマゴ

掲載日:2017年8月1日

アマゴ Oncorhynchus masou ishikawae  

レッドリスト 県カテゴリ:絶滅危惧1A類(ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種) 国カテゴリー:準絶滅危惧種(NT)

サケ目サケ科

アマゴ (木曽川にて 臼田氏撮影)

分布 神奈川県西部以西本州太平洋岸、四国、九州の一部
以前はヤマメと分布が分かれていましたが、稚魚放流により分布が乱れ、混在するところがあります。
形態 河川残留個体で全長25cm位、降海個体(海に降る魚)で50cmまで成長します。
体側には7から11個の青色のパ-マ-クが並びます。ヤマメと異なり朱点があるのが特徴です。
生態 ヤマメと共に渓流魚として釣り人に人気があります。肉食性で、水生昆虫、落下昆虫、甲殻類、小魚などを食べます。
一度海へ降り、再び川にそ上する個体はサツキマスとも呼ばれ、長良川が有名です。
備考 神奈川県西部はアマゴの分布の東限といわれています。一部の地域では、ヤマメと混在しているものと考えられています。
このためか、神奈川県内にはヤマメとアマゴの中間的な特徴を持った魚が釣れることがあります。


アマゴの背にあるピンクの斑紋 大きくなっても、ピンク色の斑紋がかすかに残っています
アマゴ(スモルト) 川で釣られたアマゴ
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019