アシシロハゼ

掲載日:2017年8月1日

アシシロハゼ Acanthogobius lactipesi

スズキ目ハゼ科

アシシロハゼ

分布 日本各地の内湾や汽水域に分布します。
相模川では寒川堰から下流の砂地に見られますが数は少ない。
形態 体は細長く、白い横班が見られます。
生態 川の河口付近の汽水域の砂地に生息しています。
産卵期は6月から7月、汽水域の転石の下などに卵を生み、雄が守ります。
備考 茨城県の霞ヶ浦ではチチブやヨシノボリなどのハゼ類を総称して「ゴリ」と呼び佃煮にしています。
このアシシロハゼは、ゴリの中でも、柔らかくて美味であることからジュズカケハゼと共に評価が高い。
アシシロハゼ  
(茨城県霞ヶ浦)
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019