アゴハゼ

掲載日:2017年8月1日

アゴハゼ (Chaenogobius annularis

スズキ目ハゼ科
アゴハゼ

分布 北海道から種子島
形態 胸びれと尾びれの付け根付近に黒班があるのが特徴です。
生態 タイドプール等でよく見られる。タイドプールなど流れの緩やかな場所の石の下に卵を産み、雄が卵を守ります。
仔魚期は、岸よりのガラ藻場などのそばの中層を漂っていることが多い。
備考 最大8cm、近縁種のドロメよりも小さい。

アゴハゼ成魚

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019