アカザ

掲載日:2017年8月1日

アカザ Liobagrus reini  

レッドリスト 県カテゴリ : 絶滅危惧1A類(ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種) 国カテゴリ : 絶滅危惧2類

ナマズ目アカザ科

アカザ

分布 本州・四国・九州 日本固有種 
相模川水系の上流域で採集されています。
形態 全長15cm、体色はやや暗い赤褐色。体は円筒形で、口ひげは6本
生態 河川の上から中流域に生息し、水生昆虫等を食べて全長15cm前後になります。夜行性で昼間は石の下等にいて、水生昆虫など食べます。
相模川水系一部から採集されました。生息は極めて狭い範囲であることがわかってきました。
 本種が採集された場所は、河川形態はAa-Bb移行型で大きな石(頭大、30から50cm程度)が点在する、瀬またはトロである。石の下に潜んでいる個体を電気ショッカーで採集しました。電気で気絶しても、石の下からでてこない事が多く、通電後、石をどかし、気絶した個体を手網等で拾い上げる必要がありました。
 このように、アカザの採集には特殊な道具や技術を必要とし、投網や手網等の一般的な魚類調査の手法では、採集しにくいので、記録が少ないものと推察されます。
備考 鰭(ひれ)には毒棘(きょく)があるので注意が必要です。
体の色とヒゲが特徴です 幼魚
ヒゲが特徴です アカザの幼魚
ふ化観察記録
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019