サヨリ

掲載日:2017年8月1日

サヨリ  Hyporhamophus sajori

ダツ目サヨリ科
サヨリ 東京湾
分布 北海道から九州
形態 体は細長く、尻びれと背びれが後方にあります。下あごが長いのが特徴です。
内蔵の周りにある腹膜は黒く、「腹黒美人」の例えにされますが、腹がまっ黒なのは新鮮な証拠です。
生態 海の表面を群れで泳ぎます。流れ藻付近や潮目に集まることが多く、神奈川県では、漁船が2隻並んで網を引き漁獲します。
まれに河口付近に入ることがあります。
備考 小さな魚は鉛筆、大型はカンヌキと呼と言われます。
サヨリ 顔のアップ
サヨリ
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。