イシガレイ

掲載日:2017年8月1日

イシガレイ Kareius bicoloratus

カレイ目カレイ科
イシガレイ

分布 日本各地、千島列島、サハリン、台湾島、朝鮮半島のほか中国北部で知られている。
形態

体の両側に鱗が無く、成魚には有眼体側(表側)の背腹両縁付近及び測線付近に石状の骨板があります。

生態

水深30mから100mの沿岸の砂泥底に生息していますが、内湾や河口域にも入ります。食性は、成魚では、エビ類、二枚貝類、イカナゴ、ミミイカなど。
全長で60cmに成長する。(雄雌とも体長で15cmほどで成熟します。)

その他 相模川の河口では、小型魚がまれに採捕されます。
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。