内水面試験場業績発表大会 相模川の魚類相の年変化

掲載日:2017年8月1日

相模川の魚類相の年変化

内水面試験場 業績発表会

[目的」
相模川は県下量大の河川で、漁業、遊漁を中心に多くの県民に利用されている。
しかし流量減少、水質悪化、堰や護岸などの河川構築物により生意場所が減少し移動が妨げられる等、魚類等の生息環境は悪化している。流域下水道による水質の改善、魚道の整備などの改善策がとられてきたが、さらに河川環境の改善が必要と考えられる。
しかしその基礎となる相模川の魚類等の水生生物の情報が不足している。
そのため平成5年(1993年)から相模川の魚類等について調査を行っている。
今回はその調査結県の中から、調査年による魚種組成の違いについて報告する。

[方法】
魚類の採捕は主に投網を使用し、水深や予想される対象魚によって3種類(7節、16節、26節)の網を使い分けた。
また、調査の精度を上げるため、投網はベテランの漁協組合員に依頼して実施した。
岸辺付近の植物の間や、石の下に隠れる性質のある魚類等を採捕するために電気ショッカー用いた。
93年から96年には合計54地点の調査を行った。97年は相模川本流46地点、中津川11地点、小山川、新玉川、永池川の合流点付近の合計59地点の調査を行った。

[結果]
 94から95年(以下94年)と97年は、一致する調査地点が39地点ある。
この両年の調査結果を比較した。
確認された魚種は、94年43種、97年55種であった。
39地点で採捕された尾数割合を比較すると94年、97年ともオイカワが量も多く、ウグイが2番目という順位は変化ないが、94年のオイカワは採捕魚の27%。ウグイは25%に対し、97年はオイカヴ50%。ウグイ13%と大きな差があった。
また、中津川だけでは、94年ウグイ52%。オイカワ20%に対して97年はオイカワ52%。ウグイ23%と入れ替わっていた。
両年の採捕努力量はほぼ同じであった。アユ等の回遊魚の資源量が年により変化することは一般に知られているが、今回の調査結果からは回遊魚以外の魚類の生息量も一定したものではなく、変化すると考えられた。
 今後人為的な水生生物への影響の改善策講じるためには、さらに自然に起こる変化の把握と原因の解折が必要である。
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019