海産アユと人工産アユの外部形態の違い

掲載日:2017年8月1日
 トップページ  /  アユ 

海産アユと人工産アユの外部形態の違い

内水面試験場では、外見から琵琶湖産アユと海産アユを見分ける方法を調べています。
 平成12年度の調査で、人工産アユの違いは、明確になってきたので、河川の現場でも見分けることがある程度可能になりました。(報告書
 しかし、琵琶湖産アユは、飼育履歴により外部形態に違いが見られたことから、今後も検討していきます。

海産アユと琵琶湖産アユ 上 琵琶湖産アユ 

中 海産アユ

下 人工産アユ
海産と人工産



上 海産 




下 人工産
海産アユは、背鰭の中央部から側線までの枚数が18枚、琵琶湖産は同じく15枚から22枚、人工産は10枚から14枚と、産地により鱗の数が異なっていました。
 
うろこ 海産アユは、きれいに並んでいるのに対し、中間育成した琵琶湖産は配列が乱れることが多い。
 (天然に近い琵琶湖産アユは、うろこが細かくてしかもきれいに並んでいる)
人工産も乱れていることが多い。
 この辺が見極めのこつ
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019