神奈川県の河川で発生したコイヘルペスウイルス病

掲載日:2017年8月1日

神奈川県の河川で発生したコイヘルペスウイルス病

内水面試験場 業績発表会

【目的】

 持続的養殖生産確保法において、コイヘルペスウイルス(KHV)病は特定疾病に指定されている。特定疾病とは、国内で未発生または国内の一部で発生している疾病であって、まん延した場合重大な損害を与えるものとされる。1998年にイスラエルとアメリカ合衆国で初めて発生が確認され、その後イギリス他6カ国で確認された。日本では、2003年10月に茨城県で初めて発生が確認され、2005年3月までに39都道府県で発生が確認されている。KHVはコイ特有の病気とされ、発病し易い水温は20から25度で、30度を超えるとウイルスが増殖しなくなるとされている。また、人為感染させたコイを13度で1ヶ月間飼育した後、水温を上げていくとへい死が始まったとの報告があることから、低水温飼育によりコイのへい死は防げるが、ウイルスは生き続けるものと思われる。この病気にかかると、緩慢な泳ぎ、餌食い不良、鰓の退色や粘液分泌過剰などが見られるとされるが、他の病気でも同様の症状が起きることから、外観のみで判断できない。このため全国の都道府県等において、PCR検査によるウイルス保有の確認、感染コイの処分、消毒及び移動禁止等のまん延防止を図っている。

【方法】

 2004年4月から2005年3月までの間に河川等においてサンプリングされた145検体について特定疾病等対策ガイドラインに基づきPCR検査を行った。検査部位は鰓とし、DNAの抽出は市販のDNA抽出キット(GentraSystems製「Puregene Cell and Tissue Kit」)を用いた。プライマーはKHV Sph I-5 F及びKHV SphI-5 Rを用い、反応は94度で1分間、55度で2分間、72度で3分間を30サイクル、最後に72度で7分間行った。もう1つ別のプライマーKHV9/5 F及びKHV 9/5 Rを用いた検査も行った。反応は95度で5分間、次いで94度で1分間、68度で1分間、72度で30秒間を39サイクル、最後に72度で7分間行った。

【結果】
 
2004年4月に鶴見川でコイの大量死亡が確認され、PCR検査の結果、県下の河川で初めて陽性が確認された。その後、県東部地域の河川で相次いで大量死亡が発生し、いずれもPCR検査の結果、KHV陽性が確認された。2004年末までに、47検体の陽性が確認され、鶴見川他8水系がKHV発生河川となり、死亡尾数は累計で2万尾を超えた。当該水系は、神奈川県内水面漁場管理委員会指示により、コイの持ち出しが禁止され、現在も継続中である。今後とも、関係機関と協力してまん延防止に取り組む。

原日出夫・相川英明・山本裕康

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019