アユの産卵場造成 H24

掲載日:2017年8月1日
 トップページ  /  魚豆知識  /  アユ 

アユの産卵場造成

平成24年10月26・27日 財団法人 神奈川県内水面漁業振興会により、相模川において、アユの産卵場造成とカワウ対策が行われました。

バックホゥとブルドーザーによる造成 旭健康広場前(厚木) 

造成する産卵場の上流部にバックホゥで淵を掘り、流れを誘導して流量を確保。
ブルドーザーにより河床を下げた後に、組合員の人力による地ならしが行われました。
造成後の人工産卵場 旭健康広場前(厚木)

造成直後の人工産卵場

内水面試験場の事前調査では、既にアユが産卵していたことから、
既存の産卵場に影響を与えないように産卵場の面積を拡張する手法で実施されました。
造成後の河床 白いものは、大きさの目安(3cm) 旭健康広場前(厚木)

造成直後の河床 白いものは、大きさの目安(3cm)

旭健康広場前 旭健康広場前(厚木)
11月2日 産卵場造成後の全景
神川橋下流 産卵場造成後 神川橋下流(寒川) 

11月2日 産卵場造成後の全景
造成後の河床 神川橋下流(寒川)

11月2日 大きな石が取り除かれ、河床が柔らかくなっています

産卵場造成後、組合員によりカワウ飛来防除用の糸が張られた 産卵場造成直後に、カワウ飛来防除用の糸が張られました
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019