相模川には何種類の魚がいるのでしょうか?

掲載日:2017年8月1日

相模川には何種類の魚がいるのでしょうか?

 
相模川には何種類の魚がいるのでしょうか?
内水面試験場の調査結果や文献等により確認された魚を調べました。

相模川での確認魚種

 
採捕尾数割合 内水面試験場では、相模川(中津川を含む)における魚類相調査を1993年から行っています。
相模川全域を対象にした魚類相調査(1993,1997,1999年)で採捕した魚の割合を図に示しました。
 3カ年ともオイカワとウグイが非常に多く全体の60%以上を占めていました。
次に、フナ、アブラハヤ、モツゴ、アユ、ニゴイが多くなっています。ニゴイとアブラハヤは年々増加傾向にあります。
アユは、最も多くいる時期には釣り人が多く調査できないため、少なくなっていますが、実際(特に初夏)はもっと多いです。
出現率 相模川魚類調査では、40ヶ所で調査しましたが、魚の出現率を調べました
ウグイとオイカワが最も多く、小倉橋から下流までほとんどの場所で採捕されています。
次は、ヨシノボリ類とフナ類、アブラハヤ、ニゴイ、カマツカで3分の2の場所で採捕されています。
相模川では、合計130種が確認されています。しかし、このうちよく見る魚は43種でした(内水面試験場が1993,1997,1999年の3回相模川の全域で魚類相調査を行いましたが3回の調査全てで確認された魚種をよく見る魚としました)。
淡水魚 一生を淡水域で過ごす魚です。全体では46種と2番目ですが、よく見る魚はの数は25種と最も多くなっています。
両側回遊魚 川と海を行き来する魚です。川で産卵し、生まれた仔魚は海で稚魚期まで過ごし、再び川に戻って成長する魚です。
代表的な魚としては、アユ、ヨシノボリ類、ヌマチチブ、ワカサギ等です。陸封と言って、海に行かずに湖を海の代わりとする魚もいます。
アユ、ワカサギ、クロヨシノボリ、シマヨシノボリ、ヌマチチブ、ウキゴリ等です。
降下回遊魚 川と海を行き来する魚ですが、産卵のために海へ行き、稚魚の時期に川に戻って成長する魚です。ウナギとアユカケです。
汽水魚 河口付近の汽水域(川の水と海の水が混じり合ったところ)で主に生活する魚です。河口付近と沿岸を行き来するほか、主に稚魚期に汽水域で生活する魚が多くいます。ボラ、スズキ、マハゼ、アカオビシマハゼ等
海産魚 主に沿岸にすむ魚で河口域にも入る魚が57種と最も多くなりましたが、よく見る魚はこのうちのわずかヒイラギ、ボラ、クサフグの3種だけでした。多くの魚は稚魚期に河口付近に来たような魚です。
神奈川県は淡水魚の分布から見ると重要な位置にある魚種が多くあります。
ゼニタナゴ、ギバチ、ヤマメなどは神奈川県を南限とし、カワアナゴ、アマゴ、タカハヤなどは北限としています。
タナゴとミヤコタナゴは神奈川県を南限と西限としていましたが県内で絶滅し、全国分布を縮小してしまいました。
 
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019