ミヤコタナゴふ化観察記録

掲載日:2017年8月1日

ミヤコタナゴふ化観察記録

 神奈川県では、横浜市の権田池を最後に自然水域から姿を消してしまいました。
しかし、その生残個体から県淡水魚増殖試験場(現内水面試験場)が増殖に成功し、遺伝子保存のための継代飼育を行っています。
 試験場では次のステップとして、本種を自然水域へ戻し生息地を復元するための研究をしています。 本種は、マツカサガイ等の淡水産二枚貝の鰓の中に卵を産みつけます。
 卵は5日程でふ化しますが、ふ化後約20日間(水温20度)は貝をゆりかごとして過ごします。
 貝から泳ぎ出した稚魚は、プランクトン等を食べて成長し1年間で成熟します。
 自然水域での寿命は約2年ですが、飼育していると3年から5年生存する個体も少なくありません。全長6cm程度に成長します。

人工採卵成熟した、雌の腹部を軽く押すと、卵が産卵管をとおして出てきます。
この卵に雄の精子をかけ、受精させます。
tamago貝の中に産み付けられる卵(2mm)。
この卵は、人工採卵で得られた卵です。
1回に1尾の親から5-10個採卵できます。
ふ化直後の仔魚ふ化直後の仔魚(3.5mm)
水温20℃で約3日でふ化します。
魚と言うよりは、オタマジヤクシのような形をしています。 
6dayふ化後6日目の仔魚
体がスマートになり眼もはっきりしてきました。
仔魚は、卵黄の栄養だけで成長しています。
浮上直後浮上直後の仔魚
約3週間(20℃)で貝から泳ぎだし、プランクトン等を食べ始めます。
マツカサガイ産卵母貝となるマツカサガイ。
この貝の鰓葉に卵を産み付けます。
神奈川県にはもうほとんどいません。
貝の中のふ化仔魚 卵は、エラの間で育ちます
浮上後1年の稚魚浮上後1年の稚魚(全長30mm)
この頃の稚魚は、活発に泳ぎ回り、水生昆虫や藻類など何でも食べて成長します。
オス雄 (全長60mm)

産卵期(4月から7月)になると雄は全体に青みが強まり、ヒレの一部がオレンジ色になってとても美しくなります(婚姻色)。
メス雌(全長50mm)

雌は地味な銀褐色で雄と比べると体高が低く、全体に細長い。
産卵期になると産卵管が伸張しこれで貝の中に卵を産み付けます。
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019