カマキリ(アユカケ)ふ化観察記録

掲載日:2017年8月1日

カマキリ(アユカケ)ふ化観察記録

平成12年2月、試験場内で初めて産卵が確認されました。

カマキリ 親  カマキリの親
 カマキリは、冬、産卵のために海へ下ります。
卵 カマキリの卵
赤い色と黄色い色の卵があるようです。

試験場では アカムシをエサにしていたためか、赤くなりました。
卵アップ 卵のアップ
ふ化後2日から3日 ふ化後2日から3日  (2000年1月11日ふ化)
ふ化後7日 ふ化後 7日目
ふ化後10日 ふ化後 10日目
ふ化後13日 ふ化後 13日目
ふ化後15日 ふ化後 15日目
胸ヒレができかけています 胸びれが出来はじめています

 (ふ化後の写真は、静岡県水産試験場浜名湖分場 提供)

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019