施設概要

掲載日:2017年8月1日

施設概要

トップページ 沿革組織

試験場の周辺には、相模原市「相模川自然の村」や上大島キャンプ場、相模川のアユ友釣り専用区があり、豊かな自然が息づいており、周辺の豊かな自然環境と調和したデザインの建物です。 
場内には見学コースが設置され、展示ホ-ルではパネルで試験研究成果を紹介しているほか、魚類生態試験池、大型実験水槽ではアクリルの窓を通して水槽に泳ぐ淡水魚のいろいろな行動観察ができるようになっています。
各試験棟には見学者通路側に大型の窓を配置し、内部の状況を見学できるように配慮されています。

施設の特徴

  • 環境に配慮した実験排水処理システムや大型沈殿池の設置
  • 絶滅危惧種の生息地を復元した水辺ビオトープの整備
  • 大型の魚道実験施設の整備
  • ホームページによる研究情報の発信及び収集を行う情報処理室の整備
  • クリーンルームや遺伝子解析機器など最新の設備を備えた病理生理研究
  • 魚の生態が観察できる展示ホールや見学コースの整備
施設面積
敷地面積 17,830  野外池面積 2,282
建物延べ床面積 4,584  生物工学試験池 216
 本館棟 907  アユ親魚飼育池 216
 遺伝育種棟 400  量産技術試験池 1,000
 生物工学試験棟 734  魚類生態試験池 500
 量産技術試験棟 1,222  谷   戸   池 350
 環境試験棟 710  その他(沈殿池) 448
 餌料培養試験棟 425 (単位:平方メートル)
 機械棟 187

空から見た内水面試験場
空から見た内水面試験場
配置図
配置図
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。