ミミズハゼ

掲載日:2017年8月1日

ミミズハゼ  Luciogobius guttatus

スズキ目 ハゼ科

ミミズハゼ  ミミズハゼ 上から
分布 北海道から沖縄まで各地
形態 ウロコと側線はなく、ぬるぬるしています。ハゼ科の魚は背びれが2つありますが、このミミズハゼには背びれは1つしかありません。
生態 名前のとおり、ミミズのような姿で動きもクネクネしています。 川の下流や潮間帯の石の下などに見られます。
ヨコエビ類やゴカイ類、藻類を食べ、生息場所により、体の色を変えます。産卵期は2から5月
備考 ジンジラ・ニンニラモチ(福井)、イシオコシ(和歌山)、ジンジコ(山口)、アタマヒジャゲ・ボウズゴリ(高知)
ミミズハゼ 黒色 すんでいる場所によって体色は大きく変わります
ミミズハゼ稚魚稚魚 幼魚 幼魚
石の隙間に隠れるミミズハゼ河津川にて臼田氏撮影
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。