富士箱根伊豆交流圏構想

掲載日:2017年2月1日

富士箱根伊豆交流圏構想

   山梨・静岡・神奈川三県では、富士箱根伊豆交流圏における広域的な行政課題に対し、三県がこれまでの実績を活かし、関係市町村などと協力しながら、連携して取り組むことで、将来にわたり交流圏の活性化を図ることを目的に、平成21年10月に開催した「第4回山梨・静岡・神奈川三県サミット」において、「富士箱根伊豆交流圏構想」を策定しました。
   *構想の冊子を表示する場合はこちら[PDF:19.1MB]をクリックして下さい。
   *構想の概要(イメージ)を表示する場合はこちら[PDF:1.36MB]をクリックして下さい。
   *また、下に記載している「構想の概要」の各項目をクリックすると構想の該当ページが表示されます。

写真:本栖湖からの逆さ富士 本栖湖からの逆さ富士
(山梨県)

写真:雲見海岸からの富士 雲見海岸からの富士
(静岡県)

写真:芦ノ湖からの富士 芦ノ湖からの富士
(神奈川県)

<以下は、構想の概要です>


1 策定の目的等[PDF:995KB]

目的富士箱根伊豆交流圏における広域的な行政課題に対し、山梨・静岡・神奈川三県がこれまでの実績を活かし、関係市町村などと協力しながら、連携して取り組むことで、将来にわたり交流圏の活性化を図ることを目的として策定
位置付け三県が交流圏の将来像を共有しつつ推進する、広域連携施策を示したもの
期間平成21(2009)年度から平成30(2018)年度の10年間
推進体制構想は、三県が関係市町村などと連携・協力しながら推進
進行管理構想に位置付けた広域連携施策は、毎年度進捗状況を把握
対象区域富士箱根伊豆国立公園を中心とした一体的な振興を図るエリア

2 富士箱根伊豆交流圏における結びつき[PDF:2.27MB]

    • 富士箱根伊豆国立公園を軸とした一体的で良好な自然環境
    • 豊かな自然環境、多彩な文教・レクリエーション施設など観光資源の集積
    • 東海道における東西交流、鎌倉街道などを通じた南北交流

      3 富士箱根伊豆交流圏の現状と課題[PDF:6.41MB]

      主な現状と課題・人口減少、少子高齢化の進行
      ・我が国総人口に匹敵する規模の入込観光客数、豊富な観光資源
      ・交流人口の増加に向けた地域の魅力向上
      ・東海地震、富士山噴火などの自然災害発生のリスク、廃棄物不法投棄問題
      ・東西方向に比して十分でない南北の道路網、リニア中央新幹線の早期整備
      社会環境の変化・国民の価値観の変化(物質的な豊かさから心の豊かさを求める傾向)
      ・訪日外国人旅行者数(東アジアを中心とした大幅な伸び)
      ・基盤整備の進展(富士山静岡空港の開港、羽田空港の再拡張・国際化等)
      ・団塊世代の動向(交流圏に近接する大都市圏に多く人口分布)

      4 富士箱根伊豆交流圏の将来像[PDF:771KB]

        <富士箱根伊豆交流圏の将来像>
        • 「交流・連携を通じて地域の価値が高まり、豊かなくらしを実感できる、魅力あふれる圏域」
        <施策の基本方向>
        • 交流・連携の推進
        • 豊かな自然環境の保全と活用
        • 交流・連携を支える安全・安心の確保と基盤整備

      5 将来像の実現に向けた広域連携施策[PDF:4.15MB]

      テーマ広域連携施策
      観光振興・地域の多彩な観光資源を活かした国内からの観光客誘致促進
      ・富士山を中心とした富士箱根伊豆地域への外国人観光客の誘致促進
      ・来訪者の利便性向上に向けた公共サイン整備
      防災対策・富士山などの火山防災対策
      ・東海地震などの地震防災対策
      ・県境をまたぐ河川における防災対策
      交通体系整備・高規格幹線道路の整備促進
      ・県境をまたぐ幹線道路等の整備促進
      ・鉄道網の整備促進や利便性向上に向けた取組み
      環境対策・廃棄物不法投棄対策
      ・景観形成に向けた取組み
      ・野生動物保護管理
      国際的な評価の向上・富士山の世界文化遺産登録に向けた取組み

    関連情報

    Adobe Readerダウンロード

    Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
    神奈川県

    このページの所管所属は 政策局 自治振興部 地域政策課 です。