かなテラス(神奈川県立かながわ男女共同参画センター)のあゆみ

掲載日:2015年4月1日

かなテラス(神奈川県立かながわ男女共同参画センター)のあゆみ

1982(昭和57年)

「神奈川の女性行政の3本柱(かながわ女性センター・かながわ女性プラン・かながわ女性会議)」がそろい、
それぞれの活動がスタートしたことから、この年を「かながわ婦人元年」とする
  4月 「かながわ女性プラン」決定
  5月 「かながわ女性会議」結成 
11月 女性の自立と社会参加を促進するための施設として、「婦人総合センター」が開館。企画調整部、生活
   科学部、福祉部、婦人労働部、生涯学習部で構成

1987(昭和62年)

 1月 「新かながわ女性プラン」決定

1989(平成元年)

4月 婦人総合センターの利用者が開館以来100万人を達成

1991(平成 3年)

4月 「婦人総合センター」を「かながわ女性センター」に名称変更
 同婦人労働部を労働部に変更

1992(平成 4年)

5月 かながわ女性センター開館10周年記念事業を開催

1995(平成7年)

11月 かながわ女性センターの利用者が開館以来200万人を達成

1997(平成 9年)

2月 「かながわ女性プラン21」決定
4月 女性センター運営協議会の答申を踏まえ、女性センターの設置目的を「女性の自立と社会参加を
        促進するための施設」から「女性の自立と男女のあらゆる分野への参画を促進し、もって男女共
        同参画社会の実現に寄与するための施設」へと変更し、併せて組織・機能を行政分野別だった5部
        体制から、課題分野別の3部体制(企画部、参画推進部、相談部)へ組織再編するとともに課題調整
      担当部長を設置

2002(平成14年)

4月  「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」(DV防止法)に基づく「配偶者暴力
          相談支援センター」を相談部内に設置し、配偶者からの暴力に関する相談等に対応
4月  神奈川県男女共同参画推進条例施行
11月  かながわ女性センター開館20周年記念事業を開催

2003(平成15年)

6月  「かながわ男女共同参画推進プラン」策定

2004(平成16年)

2月 かながわ女性センターの利用者が開館以来300万人を達成

2006(平成18年)

3月 「かながわDV被害者支援プラン」策定

2007(平成19年)

6月 組織再編に伴い部制(企画部、参画推進部、相談部)が廃止され、4課体制(管理企画課、研究情報課、参画
   推進課、相談課)の構成へ
11月 かながわ女性センター 開館25周年記念事業を開催

2008(平成20年)

3月 「かながわ男女共同参画推進プラン(第2次)」策定

2009(平成21年)

3月 「かながわDV被害者支援プラン」改定

2012(平成24年)

6月 かながわ女性センター開館30周年記念事業を開催
8月 かながわ女性センターの利用者が400万人を達成

2013(平成25年)

3月 「かながわ男女共同参画推進プラン(第3次)」策定

2014(平成26年)

3月 「かながわDV被害者支援プラン」改定

2015(平成27年)

4月 江の島から藤沢合同庁舎に移転。名称を、「かながわ男女共同参画センター」(愛称:かなテラス)に変更

 

 

神奈川県

このページの所管所属は かながわ男女共同参画センター です。